人気ブログランキング |

リアルでは某大学のダメダメ院生。黒魔道士やシーフっぽく体力がなく、突然の破壊衝動にかられる危険な面もありつつ、マイペースな日々の記録です。


by じゅんつ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

先日の居酒屋にて。

なんっていうか、創造するってむづかしいよね。

ってわけで。
以下愚痴。





いつぞやの飲み屋でゲーセンいきつつ気を紛らわしてるとかどーとかぶー垂れてたのですが。
オジサン「そんならゲーム会社いってみればいいじゃん」
気軽に言うなボケっ!
…と言いたいのを抑えて、
じゅんつ「プログラムとか需要とかわからなくて無理ですよ~」
オジサン「やってないのに無理じゃないだろ」

いや、無理なんだって。
プランも考えたしあれもこれも今の技術も考えたけど。
どう考えても僕は遊ぶ側の人間だ。
作るのは絶対向いてない。断言できる。

企画というか規格というか、人間的観念が人とずれまくってるのを自覚してます。
どうせ対立して自分が引いてがまんできなくなってケンカして終わるのなんて目に見えているし。

と、社会ってきびしいんだろうけど。
人が求めているモノをあまり求めず、人がほしがらないものに手を出すじゅんつ。
おかしいとかなんとか、損してるとかなんとか。
もっとこうしたほうがいい、ああしたほうがいい、納得できるならとうにやってるさ。
どんな手をつかってでも…なんて死んでもやだ。
っていうか、死ぬ。

オジサン「死ぬ気になったらできるだろ」「死ぬ勇気あったらできるだろ」
お前何さまだよ。
確かに僕は無駄にこだわりがあったりプライドが捨てられなかったりと大変だけどさ。
越えちゃいけない一線ってあるよね。
それが人と違うわけ。
周りに合わせて生きていくしかない?
それができないから「死」しかないんじゃないか。
どんだけ悩んでいるとおもってんだ。

軽々しくいいやがって。


責任がどうこうとか逃げてるとか何とか。
もう、いい加減にしてくれ。
そんな気の乗らない上半期でした。



効率よくする。…あまり好きな言葉じゃないんです。
なんかのツール自体の効率を上げる(抵抗・減衰などを減らす)のはいいんだけど、
うまくいくようなシステムを作る、とかなんとか。
つまりその分、削られる人がいるわけだ。
別部門をしたところでうまくいくとも限らないし。
んでもってその効率上昇の速さについていけないし、いきたくない。
人がいっぱいのところには、いきたくない。

…で生きていけないなら死ぬしかないのか。




とかそういうことを考えてしまう今日この頃なのです。
by juntz-s | 2010-06-30 10:18 | へっぽこ日記