リアルでは某大学のダメダメ院生。黒魔道士やシーフっぽく体力がなく、突然の破壊衝動にかられる危険な面もありつつ、マイペースな日々の記録です。


by じゅんつ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

【ダンエボ】ターン・・・?

最近風邪気味でした。

ダンスエボリューションというゲームにて、ダンスおよびスコアやフルコンボなど両立をさせつつ特化しつつ中途半端を貫いて遊んでます。
というわけで、よく苦労するといわれるターンについて軽い説明。

っていうほどじゅんつがうまいわけじゃない。


じつはターンの基本はみんなが体育の授業でやってます。
体育苦手だった?
だからといってこれができないわけじゃないだろう。
できなかったら落ち着いてやればできるから安心しよう。

まわれみぎ。

いやまじで。

まず、一回転しようなんて考えず半周からです。
実際は途中までで大丈夫。
なので、まわれみぎでずれる!とか言う人も恐れずできます。

まわれみぎの手順。(じゅんつ流)
・右足を後ろに引く
・カカト重心において、くるっと右を向こうとする。その勢いで後ろを向く。
・右足を引いて気をつけの姿勢に戻す。

1・2・3、でよく練習したものです。
これのどこがターンといっしょかというと、足をずらすというところです。
足をしっかり揃えていて回れるひとというのはまずいません。なので、まわれみぎでは足を前後にずらします。
両足ターンではよく、この動きを使います。
とはいっても、これは大げさな例なのでちょっとここからダンスっぽくなります。


で、よくある簡単な(?)ターン。
恋愛サーキュレーションの最後。「ずっとずぅ~っと」のところの、広げる、くるっ、ストリームで決めポーズ

両手を広げますが、ここで足を交差させます
(左足を右足にかける感じ)
するとどうでしょう。このひねりを戻そうとすると、自然と後ろを向きませんか?

これで半周は回ることができました。
で、ひじをかるく体に近づけてみましょう。
すると今度は勢いが若干余る感じがあると思います。
これを利用してさらにターンを続けると右足が前に来る形で正面に戻ります。

いきなり二つの技術を出してしまいました。
1・足をクロスさせる(回りたい方向に足をかける)
2・腕を体に近づける(回転の速度を上げる)

ここの部分、ゆっくりでいいのでやってみるときれいにまわると思います。
1は、身体をひねって戻る力を使った動き。
2は、力学的な観点からの動き

2についてかるーく。
同じ速度で、半径の違う同心円を回る場合を考えてください。

A:半径2を1周10秒で回る場合。
B:半径1をAと同じ速度で回った場合1周何秒かかるでしょうか。
正解:5秒。たぶん。


というように、回転の速度が上がります。
実際には複雑に計算することがあるみたいですが、じゅんつが忘れているので却下。

ので、あの腕を広げるというポーズには実は意味があったのです。
腕を広げたまま回るときもありますがそれはそれでバランスを保つためだと思ってください。
というすさまじく簡略化したターン解説たぶんその1でした。

次は片足ターンなどに応用してみたいですたぶんたぶん。

[PR]
by juntz-s | 2015-02-08 19:57 | らくがきくらぶ